最近の地震エコー発生状況

2018-11-09 7月中旬から始まった島原観測点での地震エコー(3)

2018-10-31
30日までの地震エコー日別総継続時間のグラフです。地震エコーは5日の休止の後また継続するようになりました。
2018-11-03
02日16時54分紀伊水道でM5.4(最大震度Ⅳ)の地震が発生しましたが、この一連の地震エコーとは関係はないと思います。

2018-11-09
08日までの地震エコーのデータです。最近は毎日観測されています。放送局は宮崎局(86.2Mhz)と新居浜局(89.2Mhz)ですが両者の間の方角にある四万十局(78.5Mhz)は反応していません。この理由としては、宮崎局ではなく沖縄県国頭局(86.2Mhz)、新居浜局ではなく沖縄県那覇局(89.1Mhz)であることが考えられます。つまり予想震央域は九州東部・南東部とそれらの海域のみならず沖縄本島とその周辺域が震央になる可能性もあります。